Home   文字の大きさ 文字サイズ 小 文字サイズ 標準 文字サイズ 大
こころ支援研究所とは 法人の方へ 個人の方へ お問い合わせ
CONTENTS
カウンセラープロフィール
講演会情報
交通アクセス
よくあるご質問
スマイルメッセージ
講演のお申し込み
癒しの広場
笑顔ブログ
 
個人の方へ
いじめについて 反抗期は家族の大切なイベントの一つです…
子育てという魅力的な経験 感情で叱ってしまった時
やまびこコラム わが子の旅立ちに持たせてあげたいもの
パパの子育て 夢の時間
よわねのすすめ 「食卓をプロデュースしよう!」
   カウンセラー竹中直美プロフィール

先日9ヶ月になる甥を抱っこしました。人見知り時期らしく誰が抱いてもママを求めて泣き叫びました。
3歳くらいまでの赤ちゃんが経験する事は性格に大きく影響するといわれていますね。だけど、その時期パパが子供に与えられる影響力は1%にも満たないと言われています。ママの影響力の占める割合は圧倒的に高く(99%とも言われている)なかなかパパに勝ち目はありません。

では、どうすればパパは子育てに参加できるのでしょう。まずは、ママの心に働きかけてみてください。
「ママのお陰で子供はすくすく育っているね。」「ママってすごいね。」「きれいだよ」「手伝うよ」など、心を込めて言ってあげましょう。
すると、ママは子育てで疲れた心を癒され大変な時を乗り越え安くなり子供に良い影響を与える可能性が高くなります。ポイントは声に出して褒めることです。思っているだけでは伝わりません。

このように、パパがママに優しくすると効果的です。他にも、おかずを「美味しいよ」といいましょう。髪型を「素敵だ」と褒めましょう。オヤジギャグでもいいからママを笑わせましょう(笑うかな?)パパは休みの日くらいごろごろしていたってかまいません。そのかわり「パパはね、時々ごろごろしてるけど、いつも家族の為に一生懸命働いてくれてるのよ。素晴らしい人なんだよ。」といつも子供の前で褒めてもらいましょう。
子供はママの言うことは正しいと思っていますからね。丸ごと信じますよ。事実パパは素晴らしいのですから!ママが大好きなパパを子供は大好きになります。だけど、普段ママのことを褒めるのを怠っていたら、「パパみたいになりなさんな!」と言われちゃうかもしれませんね・・??

 
個人の方へトップヘ戻る   ページの上部へ
こころ支援研究所
〒849-1412
佐賀県嬉野市塩田町大字馬場下乙57-2
TEL0954-66-3015 FAX0954-66-3016
Copyright 2008.COCOROSHIEN KENKYUSYO.,Co.LTD All rights reserved. 会社情報 プライバシーポリシー
 
 
サイトマップ