Home   文字の大きさ 文字サイズ 小 文字サイズ 標準 文字サイズ 大
こころ支援研究所とは 法人の方へ 個人の方へ お問い合わせ
CONTENTS
カウンセラープロフィール
講演会情報
交通アクセス
よくあるご質問
スマイルメッセージ
講演のお申し込み
癒しの広場
笑顔ブログ
 
こころ支援研究所とは

『企業は人なり』から『企業は人と人なり』へ!

 私たちこころ支援研究所は2007年12月に、メンタルヘルス対策を通して企業とそこで働く社員の皆さんの支援をするために設立しました。

「企業は人なり」と言いますように、企業は「人」で成り立っていると言っても過言ではありません。
営業を始めとする仕事の受・発注、完成までのプランニング、緻密な加工や高価な機械を操作するのも人が行っています。
このように企業にとって人が一番重要であり、人を抜きにして企業の存在は語れません。

しかし、最近「企業は人なり」だけでは不充分な気がしてなりません。
ただ単に人が存在しているのではなく、人と人とが関係性を持って存在している必要があると思うのです。

我々は歴史上かつてないほど人間関係の希薄な社会に直面しています。
その結果今まで経験したことのない問題に遭遇しています。
労働者を取り巻く環境はますます悪化、心の病を増大させ社会問題になっています。

 アンケート調査によると、労働者の61.5パーセントが強いストレスを感じているそうです。
その原因として一番多いのが「職場の人間関係」だそうです。
また、別の調査によるとコミュニケーションやサポートが減ることで心の病が増加することも指摘されました。

アンケート調査の結果から分かるように、「職場の人間関係」を改善することは、さまざまなリスクを回避することにつながります。

私たちこころ支援研究所は、今の企業にもっとも必要なのは手作りの人間関係を作る事だと確信しました。
愚直で、効率の悪いプログラムかもしれませんが、対面と対話を重視した人間関係作りを目指したいと思っています。

メンタルヘルスマネジメントの重要性

こころの病を予防するには、個々人が正しい知識を携え自他のストレスに対処することが重要です。
企業においても、社会的責任の履行、人的資源の活性化、生産性の維持・向上のためにはメンタルヘルス対策を適正に講じる必要があります。
当研究所はメンタルヘルス関連の分かりやすい、参加型の社員研修を提供できます。

サポート態勢の確立

メンタル・ヘルス研究所の調査によると「職場での助け合いが減った」企業ほどこころの病を持つ社員が増えていたそうです。
また平日の家族だんらんが週に1時間未満だとストレス度が高いことが分かりました。
このように人を支える環境があるかないかという「サポート要因」によってストレス度が違ってきます。
当研究所はがっちりサポートして、ストレス反応を和らげます。

コミュニケーションスキルの向上

モチベーションのアップ、生産性の向上、納期の管理、報連相にはコミュニケーションが大きく関わっています。
コミュニケーションスキルを向上させることによって、企業に発生する問題はかなり解決できます。
当研究所ではここに一番力を注ぎ独自のプログラムを開発しました。
このプログラムを実施することによって、間違いなくコミュニケーションスキルは向上します。

 

 
ページの上部へ
 
こころ支援研究所
〒849-1412
佐賀県嬉野市塩田町大字馬場下乙57-2
TEL0954-66-3015 FAX0954-66-3016
Copyright 2008.COCOROSHIEN KENKYUSYO.,Co.LTD All rights reserved. 会社情報 プライバシーポリシー
 
 
サイトマップ