Home   文字の大きさ 文字サイズ 小 文字サイズ 標準 文字サイズ 大
こころ支援研究所とは 法人の方へ 個人の方へ お問い合わせ
CONTENTS
メンタルヘルスマネジメント研修とは
研修プログラムの内容
メンタルヘルスマネジメント検定試験とは
試験コースの内容
メンタルヘルスマネジメント研修のお申込み
講演のお申し込み
癒しの広場
笑顔ブログ
 
こころ支援研究所とは
研修プログラムの内容
 
  本研修プログラムの特徴

●管理監督者向けと一般社員向けの研修プログラムがある
 管理監督者向けには、ラインケアに対応するメンタルヘルスマネジメント 検定II種の取得を目指す研修プログラムを、一般社員向けには、セルフケアに対応するメンタルヘルスマネジメント検定III種の取得を目指す研修プログラムを提供します。

●御社の業務に負担が少ないプログラム
 本研修は、管理監督者向け、一般社員向け共に12時間の研修プログラムです。1日6時間づつ2日連続で実施する2日間プログラム、3時間ずつ4回 、または2時間ずつ6回に分けて実施するプログラムなど、御社の業務上の負担が少ないプログラムで提供できます。

●原則10名以上からの実施

 

 
  本研修プログラムの特徴
メンタルヘルスマネジメント研修管理監督者向け
(メンタルヘルスマネジメント検定II種対応、ラインケアコース)
実施時間:12時間

※研修内容をどのようなプログラムで実施するかについては御相談に応じます。

第1講目:メンタルヘルスの意義と管理監督者の役割について
データーを元に労働者のメンタルヘルスが悪化している現状を把握します。
労働安全衛生法やメンタルヘルスに関する行政指針に対する理解を深める。生産性の向上、リスクマネジメント、セーフティネットの視点からメンタルヘルスを考える。管理監督者の役割(部下のストレスを把握して早期発見、早期対応を行う、職場環境等を改善)を学ぶ。

第2講目:ストレス及びメンタルヘルスに関する基礎知識
職業性ストレスモデルにのっとりストレスによる健康障害のメカニズムを学ぶ。
ストレス疾患及びメンタル不全について、その考え方や代表的な疾患を紹介し、 職場においてそれらがどのような行動や症状として表れるのか考える。 産業精神保健の歴史を振り返りながら、こころの健康問題に関する近年の動向について考える。

第3講目:職場環境の評価
ストレスの原因となる具体的な職場環境を理解する。 職場環境の改善ステップ、利用されるツール、具体的な進め方、改善を行うポイントについて考える。 改善対策の効果を評価する方法について考える。

第4講目:セルフケアの促進
部下の日頃の態度や行動で注意すべきリスク要因について理解を深める。
ストレス予防の基本を理解した上で、過重労働の防止、ストレス対処行動や職場によるサポートの種類と効果について学ぶ。 管理監督者にみられるストレスを紹介した上で、その予防と対策について学ぶ。

第5講目:部下からの相談への対応(話の聴き方、助言の方法等)
コミュニケーションの重要性について考え、コミュニケーションスキルについて学ぶ。
部下のいつもと違う様子に気づくためのポイントを習得する。部下の話を聴くことの重要性について学ぶ。 部下に不調が疑われたときの対応について学習する。

第6講目:社内外資源との連携、労働者のプライバシーへの配慮
社内資源としての産業医、保健師、人事労務担当者の役割と立場を理解する。
主要な社外資源である、公共機関、健康保険組合、外部EAP機関を紹介する。医療機関の種類と選び方、受診を決めるポイントを学ぶ。 社外資源と連携するか否かの判断方法や具体的な連携方法について考える。健康情報とプライバシーへの配慮について理解する。
経営者の方針や心の健康づくり計画とは何かを学習する。

第7講目:心の健康問題を持つ復職者への支援の方法
「職場復帰支援の手引き」にのっとり職場復帰支援の一連の流れについて学習する。
職場の受け入れ体制の整え方、復帰者への対応、人事労務担当者や産業医との連携など、職場復帰支援の実際について学ぶ。

 
メンタルヘルスマネジメント研修一般社員向け
(メンタルヘルスマネジメント検定III種対応、セルフケアコース)
実施時間:12時間

※研修内容をどのようなプログラムで実施するかについては御相談に応じます。

第1講目:メンタルヘルスケアの意義
メンタルヘルスケアが求められるようになった背景と、労働者自身がストレスや心の健康問題に適切に対処することの重要性について学ぶ。

第2講目:ストレス及びメンタルヘルスに関する基礎知識
ストレスやメンタルヘルスに関する基礎知識を持ち、心の健康問題への正しい態度を身につけることで、セルフケアの第一歩をスタートする。

第3講目:セルフケアの重要性
ストレスや心の健康に配慮すると、労働の質を向上させ、生産性を向上させます。 職場のメンタルヘルスの重要な目的はここにあります。その為には労働者自身がストレスや心の健康について学び、適切に対処できるようになることが求められます。

第4講目:ストレスへの気付き方
ストレスの原因について仕事と仕事以外に分けて解説します。ストレスの状態に気づくにはどこに注目すればよいか、身体面、行動面、心理面から解説します。簡易ストレスチェックの特徴と活用の仕方について学ぶ。

第5講目:ストレスへの対処、軽減の方法
ストレスの対処の方法(生活習慣による方法、リラクセーション、ソーシャルサポート、ストレスコーピング法、カウンセリング、相談)について学ぶ。

 
 
ページの上部へ
 
こころ支援研究所
〒849-1412
佐賀県嬉野市塩田町大字馬場下乙57-2
TEL0954-66-3015 FAX0954-66-3016
Copyright 2008.COCOROSHIEN KENKYUSYO.,Co.LTD All rights reserved. 会社情報 プライバシーポリシー
 
 
サイトマップ